文字サイズ
標準
拡大

東京2020に向けた活動

東京2020の開催国のアンチ・ドーピング機構として、大会の成功に向けて各機関と連携し、準備を進めています。
また、2020年で終わってしまうものではなく、2020年を超えて、世界のアンチ・ドーピング・ムーブメントの発展に貢献できるような、レガシーを創出する活動を行っています。

PLAY TRUE 2020: SPORT FOR TOMORROW

2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の開催地が決定した国際オリンピック委員会総会において、安倍晋三内閣総理大臣から世界に向けて約束された国際貢献事業が「SPORT FOR TOMORROW」です。SPORT FOR TOMORROWは、世界のより良い未来を目指し、スポーツの価値を伝え、オリンピック・パラリンピック・ムーブメントをあらゆる国、世代の人々に広げていく取り組みです。
オリンピック・パラリンピック・ムーブメントを広げていく前提として、スポーツはフェアでなくてはなりません。JADAは、国際的なアンチ・ドーピング活動を推進し、アンチ・ドーピングの考え方を通して、未来のスポーツ、社会のリーダーを育てる活動を「PLAY TRUE 2020」と称して推進しています。

PLAY TRUE 2020の活動

国際総合競技大会ドーピング検査員の養成

オリンピック・パラリンピック競技大会においては、約一か月半という短い期間に日本国内で行われるドーピング検査の1年分の検体数を超えるドーピング検査が予定されるなど、検査員の供給が大幅に不足することが予測されています。
JADAでは、新たにドーピング検査員を育成するため、育成のための研修会等を開催しています。国際総合競技大会を想定した模擬検査などを行い、実務に沿った研修を行っています。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会との連携

2017年10月2日、東京2020に参加するすべてのアスリートがフェアに競い合うことができるクリーンな大会とするため、JADAと組織委員会がそれぞれの資源および実績などを活用しながら、総合連携し、運営準備を進めるための覚書を締結しました。
さらに、同年12月5日には、アジア・オセアニア国際アンチ・ドーピングセミナーのオープニングイベントにおいて、組織委員会、東南アジア地域アンチ・ドーピング機構とJADAにおいて、東京2020に向けたアンチ・ドーピングに関する覚書を締結しました。
これらの覚書をもとに、各組織間の連携・協力を図り、クリーンでフェアな大会を守るアンチ・ドーピング活動の推進を行っていきます。

組織委員会との覚書締結
組織委員会、東京アジア地域アンチ・ドーピング機構、JADAでの覚書締結