文字サイズ
標準
拡大

国際協力

世界アンチ・ドーピング規程のもと、フェアでクリーンなスポーツの実現に向け、JADAは、海外のアンチ・ドーピング機関や国際競技連盟などと連携し、グローバルなアンチ・ドーピング活動を推進しています。

2014年から東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年までの7年間で、発展途上国を始めとする100ヶ国・1000万人以上を対象として、日本国政府が推進する「SPORT FOR TOMORROW」というスポーツを通じた国際貢献事業が始動しています。
その中でJADAは「PLAY TRUE 2020」というプロジェクトを立ちあげ、未来のスポーツ、社会を創造するリーダーを育成することを目的に、アンチ・ドーピングの体制整備の支援や、アンチ・ドーピング教育教材の展開などを行っています。

また、ドーピング検査領域においては、海外のドーピング検査員の短期受入れや、アジア大会などの国際競技大会へ、日本で活動するドーピング検査員を派遣しています。

アンチ・ドーピング機関の支援

各国・地域におけるアンチ・ドーピング体制を整備することを目的に、アンチ・ドーピング機関スタッフの教育や、日本国内で展開しているJADAの活動について、経験やツールなどを共有しています。
また、アジア・オセアニア地域のアンチ・ドーピング担当者を招聘し、最新のアンチ・ドーピングに関する情報を共有する国際セミナーも毎年開催しています。

例:<ヴェトナムのアンチ・ドーピング機関>
2016年のアジアビーチゲームズ(ダナン)に向け、ヴェトナム内のドーピング検査体制や、アンチ・ドーピング教育の実施について支援

国際競技連盟とのパートナーシップ

日本で開催される国際大会を中心に、国際競技連盟と連携し、大会参加アスリートに対してアンチ・ドーピング教育などを実施。2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の主催国として、クリーンなスポーツに関するメッセージを世界に発信しています。

例:<世界バレーボール連盟>
2015年から継続的に、国際大会に参加するチームに対してアンチ・ドーピングに関する情報提供や、アスリートのメッセージを集め、ユース世代のアスリートや一般の人に向けて発信

教育パッケージの展開

スポーツの価値と、アンチ・ドーピングのルールに関する教育を推進するため、JADAではオリジナルの教育パッケージを開発しました。各国や地域において主体的に活用してもらえるよう、指導案の作成や、好事例の収集・共有を行っています。
スポーツ団体だけでなく、スポーツを通して未来のリーダーを育成するという観点から様々な団体に活用頂いています。

教育パッケージ特設サイト ※英語のみ

PLAY TRUE トーチリレー

様々なスポーツ、年齢、国のアスリートに「スポーツにおける真実」「自分自身の真実」についてのインタビューを実施し、そのメッセージを特設サイトとオリジナル巻物において発信しています。
アスリートだけでなく、スポーツをやっていない人でもアスリートのメッセージに触れることで、スポーツの価値について改めて考える機会を創出することを目的としています。

トーチリレー特設サイト

海外からのドーピング検査員の受入れと、海外大会への派遣

人材育成の観点から、海外のドーピング検査員の日本への受入れを行っています。招聘された検査員は実際の検査現場での対応や、日本の検査員との情報交換を通して、手技などのスキルを向上させます。
また、日本で活動するドーピング検査員をオリンピック・パラリンピック競技大会やアジア大会など、海外で行われる国際総合大会へ派遣し、クリーンな大会が開催されることに貢献しています。