文字サイズ
標準
拡大

インテリジェンス活動

効率的で効果的なドーピング検査を実施するために、ドーピングに関する情報を収集する活動をインテリジェンス活動といいます。 JADAでは、公開されている情報(ウェブページや競技団体・アスリートから発信される情報など)を集め、ドーピング検査の立案に活用しています。

また、2018年10月から施行されている「スポーツにおけるドーピング防止活動の推進に関する法律」では、組織間での情報共有の推進が明記されており、JADAは、ドーピング通報窓口を設置している日本スポーツ振興センターや、日本スポーツ振興センターを通じて行政機関などと情報の共有を行っていきます。

なお、日本スポーツ振興センターがドーピングに関する情報提供をオンラインフォームで受け付けています。利用に際していくつかの留意事項等がありますので、よく確認したうえで、情報提供をご検討ください。